スラタニ駅界隈を散策してみる
宿に荷物を置き、身軽になったので、街の中心に行こうと市内行のバスに乗ったが、一向に発車する気配がない。


e0117096_1562539.jpg



e0117096_1562776.jpg



外の日陰にいた運転手が出発が6時だというので、時間つぶしに近くのカフェでコーヒーを飲む。
コーヒーが飲みたかったのではなく、ネットに繋げて日本に連絡することがあったからである。
今夜の宿にはwifiが飛んでいないので、ここで連絡しておかないと翌日のホテルまで連絡できないからである。
それにしても文明の進歩はすごい。
スカイプで会話ができるのだから。
ちなみに電波事情が悪いところではLINE電話は使えない。
若干の料金、数十円だが、払っている分、スカイプ音がクリアである。

昔、公衆電話から日本に電話をかけていた時代からすると夢のようである。


e0117096_1561953.jpg



コーヒー飲んでまったりしていると、もう町まで行って食事をするのがめんどうになったので、駅周辺の屋台街で食事をすることにした。
仕事帰りの人たちで混在している屋台街を見ていると、ここで食べるのではなく、おかずとして買って帰る人がほとんどである。
テーブルもあるのだが、数は少なく、そして満席である。

e0117096_1565371.jpg



e0117096_1564744.jpg



e0117096_1564327.jpg




e0117096_1563757.jpg



e0117096_1563447.jpg






雷も近づいてきたので、駅近くの食堂で済ますことにした。
店に入ると同時に雷をともなったスコールが始まった。

e0117096_15265453.jpg



ビールを飲んだらますます動くのが面倒になり、再度、駅で列車の遅れを確認した後ホテルにも戻った。

e0117096_1565534.jpg














人気ブログランキングへ
[PR]
人気ブログランキングへ

by photo_ehime | 2014-08-25 15:09 | マレー半島


<< 深夜特急が早朝特急になる      スラタニのホテルの名前は、クイーン >>