カテゴリ:カンボジアにて( 34 )
人気ブログランキングへ

未完の遺跡


e0117096_17412917.jpg



ジャングルの中に、突然、石の積み木が現れる。
建築中、王が死去。
そのため、途中で工事が終わっている。

積み木崩しのように石材が積み残されている。




e0117096_17414857.jpg





タ・ケウ
[PR]
人気ブログランキングへ

by photo_ehime | 2010-09-06 17:28 | カンボジアにて
破壊

e0117096_17544116.jpg








e0117096_1755319.jpg




タブロームにて
[PR]
人気ブログランキングへ

by photo_ehime | 2010-09-02 17:57 | カンボジアにて
微笑

e0117096_173510100.jpg





バイヨンを特徴付けているのは、中央祠堂をはじめ、塔の4面に彫られている人面像(バイヨンの四面像)である。
人面像は観世菩薩像を模しているというのが一般的な説である。
しかし戦士をあらわす葉飾り付きの冠を被っていることから、ジャヤーヴァルマン7世を神格化して偶像化したものであるとする説も存在する。


この象はクメールの微笑みと呼ばれている。


Wikipediaより






e0117096_1738163.jpg




アンコールトム バイヨンにて
[PR]
人気ブログランキングへ

by photo_ehime | 2010-09-01 17:42 | カンボジアにて
アンコールトム 南大門

e0117096_17121811.jpg




城砦都市アンコールトム。

アンコールトムは一辺3kmの堀と、ラテライトで作られた8mの高さの城壁で囲まれている。外部とは南大門、北大門、西大門、死者の門、勝利の門の5つの城門でつながっている。各城門は塔になっていて、東西南北の四面に観世音菩薩の彫刻が施されている。


Wikipediaより



e0117096_17123378.jpg



夏バテかなぁ・・・応援疲れか・・
気力がわかないので、引用です。
[PR]
人気ブログランキングへ

by photo_ehime | 2010-08-31 17:17 | カンボジアにて
少女




e0117096_191754.jpg

[PR]
人気ブログランキングへ

by photo_ehime | 2010-08-29 19:18 | カンボジアにて
アンコールワット 第三回廊より

e0117096_3163164.jpg




e0117096_3165599.jpg




アンコールワット、最上部。
最近まで、事故があったため、上がれなかったが、
安全工事が終了したため、再度登れるようになった。

急な階段を一気に登るため、帽子は禁止となっている。
また、登るときには、IDカードを首にぶら下げて登る。

それほどの対策をするのは、実際現場に行くと納得できる急な階段が存在する。



e0117096_3251275.jpg



今は、この階段の使用は禁止されている。
裏に、手すりのついた階段が新設されている。
[PR]
人気ブログランキングへ

by photo_ehime | 2010-08-29 03:26 | カンボジアにて
王のテラスより


e0117096_8235867.jpg



アンコールトムにある王のテラス。
本来であれば、ゆっくりここにたたずんで周りを眺めるのであろうが、
雨季だというのに、この青空。
嫌と言うほど、太陽が照りつける。

肩で息をしながらの遺跡巡りで、
頭の中にホテルのプールがちらつく。


e0117096_82496.jpg




それにしても、私は晴れ男である。
結局、一度も傘は必要にならなかった。

どこかの、某カメラマンは、雨を呼ぶ人らしい。
晴れの多い夏の北海道でも、嵐を呼んだらしい。
[PR]
人気ブログランキングへ

by photo_ehime | 2010-08-27 06:04 | カンボジアにて
ポートレート

カンボジアで撮ったポートレート。
モデル代は、品物を買い物したということでのおまけ。
機材は、コンデジ。
場所は、マーケット。



e0117096_2061915.jpg




e0117096_2064314.jpg


撮った後、逆にありがとうと言われた。
二人ともに。

もっと、しっかり撮っておけばよかった。
[PR]
人気ブログランキングへ

by photo_ehime | 2010-08-26 20:09 | カンボジアにて
アンコールワット 第一回廊


e0117096_1684798.jpg



アンコールワットには、三重に回る回廊がある。
その一番外側、それが第一回廊である。
壁面には、一面、レリーフが掘られている。
内容は宗教的なものが多いが、
中には歴史的な出来事も掘られている。



e0117096_16101444.jpg




アンコールワットは初めヒンズー教寺院として建てられ、
その後、王の墳墓として作られている。
その王の時代の歴史などである。
[PR]
人気ブログランキングへ

by photo_ehime | 2010-08-25 16:16 | カンボジアにて
灼熱の道

e0117096_16331842.jpg


アンコールワットへの入り口。
ワクワクしていた気持ちは、一時間後は修行モード。
暑かった・・・



e0117096_1633584.jpg




でも、今の日本はさらに暑く感じる。
後、どれくらいで、涼しくなるのでしょうね。
[PR]
人気ブログランキングへ

by photo_ehime | 2010-08-24 16:37 | カンボジアにて